【13】利益を上げるための創意・工夫する力

 

  • 創意・工夫する力とは?

 

■計画立案や改善を行うための力です。

自分で考え、企画・計画を立案する力です。

 

■日頃勉強していいなければ、

創意・工夫は出てこないのです。

創意・工夫のために勉強は書かせないのです。

 

■自分で考え、自分で企画や計画を立案したり、

改善することは、独自性(オリジナリティー)を持ち、

優位性を持つために必要なのです。

 

  • 創意・工夫する力の重要性とは?

 

■模倣する(マネする)ことは、

そのことの学習になりますが、

差別化はできません。

創意・工夫は、他社と差別化、

独自性・優位性を持つために、大変重要です。

 

■オリジナリティーを持つことで、

他者にない強みを持てるからです。

独自性(オリジナリティー)による優位性を持ち、

マーケットでNo.1になるか、オンリー1になることは、

勝者になるための必要条件です。

 

  • 創意・工夫するには何が必要か?

 

■自分の頭で考えることです。

自分で考え、

自分で企画・立案・改善するのです。

 

■自分で考えるには知識が必要なので、

勉強が必要です。

常に自分の考えや意見を持っているためには、

勉強が必要です。

 

■勉強は、本を読むだけでなく、

セミナーや講演会、

勉強会に参加することも必要です。

 

  • 創意・工夫することができないのはなぜか?

 

■自分で考えないからです。

自分で考えずに、企画・立案・改善するには、

人に教わるか、マネするしかありません。

そこに独自性・優位性は生まれないのです。

 

■勉強した上で、

自分で考え企画・立案・改善することが、

創意・工夫を生み出します。

人に教わり、マネするだけでは、

独自性・優位性を生み出せないからです。

 

  • 創意・工夫するとどうなるのか?

 

■独自性(オリジナリティー)を持ち、

優位性を持ち、

No.1・オンリー1を生み出します。

 

■創意・工夫こそが差別化の原点です。

他社と違う商品・サービスを生み出す源が、

創意・工夫です。

 

■創意・工夫による企画・立案・改善の積み重ねは、

No.1・オンリー1となる勝者への道です。

 

  • 今日の検証(C)

・自分で考えているか?

・知識を持っているか?

・勉強しているか?

  • 今日の実践(D)

・自分で考え、企画・立案・改善する!

・積極的に勉強する!

・常に創意・工夫する!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!