【8】利益を上げる現場主義

  • 現場主義とは?

 

■目標・課題や夢・理想は現場の人々が実現するのです。

会社・組織・企業の中で、実際に業務を推進する人が、

目標・課題や夢・理想へ向けての日々の実務を行うからです。

 

■また、全ての問題・困難・障害も現場の中で起き、

立ち向かうのは現場の人たちなのです。

 

■現場の中に、目標・課題や夢・理想、

全ての問題・困難・障害を見出すのが、現場主義です。

 

  • 現場主義の重要性とは?

 

■顧客との接触の中で直接、見聞きすることで、

その全ての問題・困難・障害の本質を理解できるのです。

 

■実際に業務に従事しているからこそ、

問題・困難・障害の解決手段も発見できるのです。

 

■現場の人たちの行動力が目標・課題や夢・理想を実現し、

問題・困難・障害を乗り越えるのです。

 

  • 現場主義を実行するには?

 

■全ての問題・困難・障害を乗り越えるには、

現場の人の力が必要です。

全ての問題・困難・障害を現場から引き出し、

現場で対策を考えるのです。

 

■管理視点でなく、現場視点で発想し、

ゴールヘ向かうべきです。

幹部が、現場を理解せずに考えるプランは、

顧客のニーズ・ウォンツから乖離してしまうからです。

 

■現場主義を実行するには、

実務に携わる人の、

目標・課題や夢・理想の実現を目指すことが必要です。

 

  • 現場主義にならないのはなぜか?

 

■現場を無視するからです。

現場を無視した問題提起や目標・課題の設定は、

それらを実行する人から、

力を引き出すことができないのです。

 

■現場を見ずに、

幹部が問題・困難・障害を解決することは出来ないのです。

現場の発想を原点に考えない幹部の発想が、

顧客のニーズ・ウォンツから離れてしまうからです。

 

  • 現場主義がもたらすものとは?

 

顧客のニーズ・ウォンツに基づいた、

■問題・困難・障害の解決ができ、

組織・会社・企業を活性化することができます。

 

■現場発想こそが、

組織・会社・企業の目標・課題や夢・理想の実現への近道であり、

解決のヒントやプロセスもまた現場にあるのです。

現場主義こそが、組織・会社・企業の原点です。

 

  • 今日の検証(C)

・現場の発想をしているか?

・現場の視点を持っているか?

・顧客のニーズ・ウォンツを理解しているか?

  • 今日の実践(D)

・問題・困難・障害を現場で考える!

・管理発想で考えない!

・顧客のニーズ・ウォンツを直接見聞きする!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!