【4】利益を上げる、個・個人・主体性!

  • 個・個人・主体性とは?

 

■一人一人の仕事に対する自覚です。

チームやグループを構成する各自が、

自らの意志で課題・目標・夢の達成することです。

 

■各自が自らの意志で困難・障害・問題に取り組み、

前進する人が、必要とされるのです。

個人個人が主体性を持つことが、

人が集まって力を発揮する前提なのです。

 

  • 個・個人・主体性の重要なポイントとは?

 

■各自の能力、スキルなどに個人差があるのは当然です。

大切なのは、

それぞれの人の前進・行動への意欲や自覚なのです。

 

■各自が主体性を持って、

仕事に取り組むことが組織のパワーの基になるからです。

各自に主体性が無くては、

組織は人数以上の力を持ち得ないからです。

 

■個人個人が、自分の確立を真剣に考え、

自覚し、行動することが主体性なのです。

 

  • 個・個人・主体性に必要なこととは?

 

■その人が、仕事に対して、

強い動機を持ち、

困難・障害・問題に立ち向かう強い意志を持っていることです。

 

■組織は、個人の集合なのですから、

力を合わせ、それ以上の力を発揮できるためには、

パワーの集合で無ければなりません。

主体性を持った人の集まりが、組織なのです。

 

  • 個・個人・主体性の欠如とは?

 

■仕事への自覚に欠け、

仕事に責任を持っていないことです。

自分の仕事に対する、

動機の欠落や意欲の喪失が、

主体性を失わせるのです。

 

■自分の仕事に対する、

目的・課題・夢・理念・ビジョンなどを持っていなければ、

困難・障害・問題を解決することはできないのです。

 

■主体性の無い人が集まったのでは、

組織は機能しないのです。

 

  • 個・個人・主体性が生み出すものとは?

 

■主体性のある人たちが集まるチーム・グループ・プロジェクトは、

力を束ねることができ、

人数以上のパワーを発揮できるのです。

 

■個人個人が自覚を持ち、主体性を持つことは、

組織・会社・企業にとって、

力を合わせるための基本的な条件です。

 

■一人一人の仕事への自覚・主体性が、

その組織・会社・企業を発展させる土台なのです。

自己目標・課題・夢の実現に向け行動することは、

その組織・会社・企業を目標・課題・夢の実現へと、

前進させるのです。

 

  • 今日の検証(C)

・主体性を持って仕事に取り組んでいるか?

・個人の仕事に対する自覚を持っているか?

・個人の力を発揮できているか?

  • 今日の実践(D)

・主体的に仕事に取り組む!

・仕事に責任と自覚を持つ!

・個人の力を最大限に発揮する!

 

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!