【20】イメージ・想像図

  1. イメージ・想像図とは何か?
■目標の顕在化です。
実現したい理想・夢を、絵に描くことです。
■言語化する顕在化より、さらに強い効果を発揮します。
なぜなら直接、感覚・感性を刺激し、
潜在意識に入ってくることができるからです。
■目標・課題や夢・理想を、
紙に書き出し言葉よる顕在化より、
右脳(感性・感覚)に直接訴えかける力が、
イメージ・想像図なのです。
  1. イメージ・想像図の重要性とは?
■言葉より、強いインパクトを持っています。
目標・課題の達成へ向かう時に、
その夢・理想を自分にフィード・バックすることは、
そのパワーを持続させるために必要なことです。
■自分へのフィード・バックをビジュアルで行えるのが、
イメージ・想像図なのです。
イメージ・想像図は、
潜在意識に強く働きかけることができ、
行動を促し、持続させることができるのです。
  1. イメージ・想像図を手に入れるには?
■実際に絵をかいてみることです。
他人に見せなくても良いのですから、
下手でかまわないのです。
■描いてみることがスタートです。
描くうちに細部が出てくるのです。
最初から人に見せる、
イメージ・想像図である必要はありません。
■夢・理想や課題・目標を紙に書き出し、
言語化した上で視覚化すれば良いのです。
  1. イメージ・想像図ができないのは?
■夢・理想や課題・目標が明確でないから、
イメージ・想像図が浮かばないので、
書くことができないのです。
■夢・理想や課題・目標が曖昧だからです。
向かっている方向性やゴールが見えないので、
イメージ・想像図が浮かんでこないのです。
下手なラフ・スケッチを描いてみれば良いのです。
  1. イメージ・想像図がもたらすものとは?
■話題となった、
北海道の旭山動物園が入園者数を12倍に増やせたのは、
14枚のスケッチがその原点だったのです。
(遠藤功著:未来のスケッチ:あさ出版刊より)
■夢・理想や課題・目標を明確に意識することができるので、
ゴールへの力を持ち続けられるので、達成・成功できるのです。
■イメージ・想像図は、
夢・理想や課題・目標を実現するための力を、
強め、加速し、持続させることができる魔法のスキルです。

·今日の検証(C)
・夢・理想や課題・目標は曖昧でないか?
・夢・理想や課題・目標を言語化してあるか?
・夢・理想や課題・目標をイメージできるか?

·今日の実践(D)
・絵を描く!
・言語化したものを絵にする!
・夢・理想や課題・目標を視覚化・ビジュアル化する!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!