【8】信頼・受け入れ・承認

  1. 信頼し受け入れ、承認するとは?
■対話する相手の人をそのまま信頼し、
受け入れることです。
信頼し、受け入れ承認することは、
対話の相手を認め信用・信認することで、
価値を認められ自信と勇気を持ってもらえるのです。
■対話の相手をあるがまま受け入れ、
興味を持ち、信頼・信用することです。
話し相手の今の状態を、そのまま認めることが、
信頼・信用・承認です。
  1. 信頼し受け入れ、承認することの重要性とは?
■信頼と承認が、人にパワーを与えるからです。
人は認められることで、自信を持ち行動を起せるのです。
信頼と承認は、人が自己の価値を認めてもらうことで、
力強く行動を起すために必要なのです。
■人は認められたい欲求があり、
認められるために行動します。
結果、認めてくれる人のために行動するのです。
信頼・信用・信認は人を行動させる力を持っています。
  1. 信頼し受け入れ、承認するためには何が必要か?
■質問を重ね、良く話を聞き、
相手の良いところを見つけ認めることです。
その為にはまず質問を重ねることが必要です。
■質問は、相手への興味をあらわしています。
多くの質問は、両者の接点を見つけるために必要です。
質問を答えの積み重ねは、
互いの関係を密接にし、信頼・信用・信認するためにも、
また、信頼・信用・信認を受容するためにも必要です。
  1. 信頼し受け入れ、承認することができないのはなぜか?
■今の対話している相手の状態を受け入れられないからです。
相手の欠点を見てしまうと、
そのまま信頼・信用はでき難いからです。
話し相手の欠点でなく、
長所だけに着目し手相手を受け入れなければ、
信頼・信用・信認できないからです。
■まずプラスの面からスタートすることです。
勿論マイナスな面、欠点を改めることは必要なことですが、
スタートは、プラスな面、長所の信認が必要なのです。
最初は人間関係を作らねばなりません。
緊密な人間関係の上にこそ、
チームや組織が成立するからです。
  1. 信頼し受け入れ、承認するとどうなるのか?
■しっかりとした人間関係ができ、
お互いに助け合うことができます。
力と力の集合がより大きな力を生み出します。
■信頼・信用・承認が人間関係を構築し、
組織を生み出す基なのです。
■その為にこそ対話が重要であり、
質問を積み重ね、互いを良く知り、
信頼・信用・承認するのです。
信頼・信用・承認は、
堅固でパワフルな組織を作り出すことができるのです。
·今日の検証(C)
・対話し質問しているか?
・相手の欠点・マイナスな面を見ていないか?
・相手のあるがままを認めているか?
·今日の実践(D)
・対話し質問する!
・相手の良い面・プラスな面を見る!
・相手の良い点・プラスな面を伝える!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!