【5】行動計画

  • 行動計画とは何か?

 

■1日に行うべきことは何かを書き出すことです。

1週間に行うべきことを書き出すことです。

1ヶ月に行うべきことを書き出すことです。

 

■すべきことを書き出し顕在化し、

確実に実行するための指針です。

1日にすべきことを割り振り、時間割を作ります。

定型的な業務と変動的な業務に振り分け、

必ず実行できる計画が必要です。

 

  • 行動計画の重要性とは?

 

■成果達成は毎日の積み重ねです。

その毎日、

1週間、1ヶ月のすべきことを確実に実行するために、

表記しいつも意識して進捗させるために必要です。

 

■定型業務は、

決められた時間に習慣的に行われるよう割り振り、

積み重ねることができれば、確実に成果に近づけます。

行動計画を書いて、常に確認し、実践することが、

成果への道筋だからです。

 

  • 行動計画を作るには?

 

■1日の時間割、1週間の課題、

1ヶ月の課題を決めて書き出します。

実施すべきことのリストを作り、

時間に割り振りし、1日の時間割をつくり、

1週間の時間割、1ヶ月の予定を決め、

確実に実行できるようにするのです。

 

■定型業務の積み重ねは、

特に時間を決めて確実に行えるようにすると、

その積み重ねが、ある量を越えた時に、

目に見える成果となって返ってくるのです。

 

積み重ねるために行動計画を作り、

実行へと結びつけることが大切だからです。

 

  • 行動計画ができないのは?

 

■やるべきことを決めないからです。

書き出すことで顕在化し、

確認し実行しなければなりません。

 

■やるべきことの指針を作ることで、

積み重ねることができるのです。

やるべきことのリストと時間配分を決めなくては、

確実な毎日の積み重ねができないのです。

 

■1日の作業の成果は、見えにくく、

その積み重ねによる結果が分かりにくいからといって、

止めると最後の成果へ到達しないで終わってしまうのです。

その為行動計画で常に確認することが必要です。

 

  • 行動計画が達成するものとは?

 

■確実な積み重ねこそが、

偉大な成果へ結びつくのです。

100日の積み重ねは、

確実な成果へのスタートです。

300日の積み重ねは、

成果への進捗が目に見えてきます。

1,000日の積み重ねは、

確実な成果を手に入れることができます。

3,000日の積み重ねは、

偉大な成果を生み出します。

 

■計画(P)と実行(D)から、

反省(C)と改善(A)が生まれ、

常に変化・対応し前進することができます。

行動計画を作り、実行することが、

成果を手にするための道なのです。

 

  • 今日の検証(C

・1日にすべきことを決めているか?

・時間割はあるか?

・行動計画を持っているか?

  • 今日の実践(D)

・1日にやるべきことを書き出す!

・時間割を作る!

・1週間、1ヶ月で達成することを書きだす!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!