【4】プラスの状態

  • プラスの状態とは何か?

 

■運気が向かう方向は、

プラスかマイナスか?

良い運気が呼び込まれるのは、

プラスの状態です。

悪い運気が呼び込まれるのは、

マイナスの状態です。

 

■良い運を呼び込みたければ、

プラスの状態(コンディション)にすれば良いのです。

プラスのコンディションの分かりやすい例が、

整理・整頓・清掃です。

 

■プラスの状態とは、居心地が良く、

快適で、明るく、清潔、元気、前向きです。

マイナスの状態とは、気が重く、

不快で、暗く、汚く、弱気、閉鎖的です。

誰でもが、マイナスの状態より、

プラスの状態のほうが良いき決まっているのです。

 

  • プラスの状態の重要性とは?

 

■プラスの状態は、

全てが良い方向に向かうために必要です。

なぜなら、プラスの状態が良い運を引き寄せるからです。

なぜなら、プラスの状態を人が望むからです。

 

■プラスの状態に人が集まるのです。

多くの人が集まるのは、

プラスのコンディションが誰でも好きだからです。

居心地が良く、快適で、明るく、

清潔、元気、前向きな状態を、

ほとんどの人が望みます。

 

■より使いやすいもの、便利なもの、

優れたもの、快適なものを人は望みます。

良いコンディションと悪いコンディションの、

どちらに人が集まるかは明白です。

 

  • プラスの状態を作るには?

 

■ある状態とその反対の状態を想定すれば、

どちらが良い状態かはすぐ分かるはずです。

 

■その分かりやすい例が整理・整頓・清掃です。

整理・整頓・清掃したほうが、

しないより良い状態であることは明らかです。

だから良い状態を作り、

運を呼び込むために整理・整頓・清掃は必要です。

 

■その時々で、ある状態とその反対の状態を想定し、

良いほうを選ぶべきです。

 

  • プラスの状態になぜなれないか?

 

■選択できないからです。

10の選択肢の中から1つを選ぶのは難しいですが、

対抗する2つの状態を比較し選択するのは容易です。

 

■常にプラスの状態になることを心がければよいのです。

プラスの状態こそが運を呼び込み、人が集まるので、

商売や事業には必要な心がけなのです。

 

■清掃はその単純で分かりやすい典型的な例ですので、

理解し実行し、全てのことに応用すればよいのです。

 

  • プラスの状態で何が得られるか?

 

■強運を呼び込むことができます。

マイナスの状態は、気を呼び込まないからです。

 

■良い運を得たいなら、

プラスの状態になるように努力することです。

どんな些細なことでも、

どちらか良いと思われる状態に、

なるようにすれば良いのです。

 

■悲しいことと楽しいこと。

やかましいことと静かなこと。

汚いことと清潔なこと。

強欲なこととつつましいこと。

けなすことと褒めること。

泣くことと笑うこと。

嫉妬することと励ますこと。

恨むことと力になること。

金満であることと清貧であること。

 

■どちらに運が味方し、

全てが良い方向に進むかはわかりますね?

運を味方にし、人をひきつけ、

仕事・事業を興隆させるために、

良い状態を作らねばなりません。

整理・整頓・清掃は、

そのことを学習する最初の例題なのです。

 

  • 今日の検証(C)

・今の状態は良い常態か悪い常態か?

・良い状態にする努力を惜しんでないか?

・悪い状態を放置していないか?

  • 今日の実践(D)

・どちらが良い常態か判断する!

・良い状態を作り、運を呼び込む!

・良い状態に近づき、運を呼び込む!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!