【1】向かうべき方向

  • 向かうべき方向とは何か?

 

■会社の基本姿勢である経営理念・

行動理念に基づく進むべき方向です。

進むべき方向を指し示すことで、

全員の意思統一ができます。

 

■会社の進むべき方向が決まらねば、

社員の活動がばらばらになってしまいます。

何を達成すべきなのかを指し示し、

課題を明確にすることです。

 

■全社的な目標や課題から、

それぞれのチームや課の課題を導き出し、

各自の役割を明確にするのです。

 

  • 向かうべき方向の重要さとは?

 

■いろいろな課やチームでの達成課題の違いを統一し、

力を合わせることで、

組織の徒からを引き出すことができます。

 

■向かうべき方向を指し示すことで、

行動計画や行動指針が確立し、

課題の達成へと前進できるのです。

 

■その為には、理念に基づく、

目指すべきゴールの共有が重要です。

向かうべき方向を指し示すことは、

次の行動・活動を引き出す羅針盤と言えます。

 

  • 向かうべき方向を見出すには?

 

■何より企業理念に基づく方向性を見出すことです。

何が事業の指針であり、考え方の基準であるかを確認し、

進むべき方向を見出さねばなりません。

 

■基本の進むべき方向を定めないと、

各セクションや課やチームのやるべき課題によって、

達成すべき最終ゴールを見出せないからです。

 

■基本の考え方が無いと進むべき方向は決められません。

会社の理念や理想を明確にし、理解し、共有することで、

進むべき方向が定まります。

 

  • なぜ向かうべき方向に進めないのか?

 

■理念・理想の共有が無いからです。

共有すべき理念・理想が無く、

売上を上げ利益を得るための計画は、

共通の方向性を持つことができません。

 

■共有すべき理念・理想があるからこそ、

力を合わせ課題に取り組み、

ゴールへと行動できるのです。

基になる理念・理想の確認、

理解は全員が力を合わせ、

同じ方向へ向かうために必要なのです。

 

  • 向かうべき方向を見出すとどうなるのか?

 

■それぞれの課やチームが取り組む課題が、

最終ゴールへ向かうために必要な行動であることを理解し、

全員の力を合わせることで、

目標を達成できるのです。

 

■理念・理想の共有から導きだされた、

目標・課題が明確であれば、

その為の困難・障害・問題を乗り越える意義や価値を理解し、

強い意志で立ち向かうことができます。

 

  • 今日の検証(C)

・理念・理想を定めているか?

・会社の方向性を確認してきるか?

・会社の向かう方向を理解しているか?

  • 今日の実践(D)

・理念・理想を理解・共有する!

・方向性を理解・共有する!

・同じ方向へ向かう!

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!