【17】慰める

(1)

慰めるとは何か?

 

■仕事上の苦しみや成果に至らない悲しさを和らげ、

穏やかにすることです。

新たな問題に取り組み、解決し前進するためには、

失敗は付き物です。

その時起きる苦しみや悲しさを和らげ、

心の元気を回復させるのが慰めです。

 

■問題・障害・困難に立ち向かい、

良い結果を得られない時に

(良い結果など得られない時のほうが多い)、

心は苛立ち、苦しみ、悲しみを感じます。

その時、心を元気に回復させる必要があります。

 

(2)慰めるには?

 

■対話の中で、苛立ち、苦しみ、悲しみを感じたならば、

心を穏やかにするための言葉をかける。

対話の中で問題を発見することができれば、

そのことにこだわらないための言葉を掛けられます。

慰めるために大切なことは、

対話と声掛けにより、閉じた心を開かせることです。

 

■何が問題なのか?どこに問題があるのか?

何が原因なのか?何が分からないのか?

対話から、心の問題を引き起こしたしコトを、

理解することができれば、

そのことに対する慰めの言葉を掛けられます。

 (3)慰めの重要性とは?

 

■それぞれの行動から起きる問題、障害、

困難に対して起きる、

感情の起伏は誰でもが持っています。

その感情に囚われていては、次の行動に移れません。

 

■そこで、対話の中で、

心の平穏を取り戻すための会話が必要なのです。

人は慰められるコトで、

心の平常を取り戻すことができます。

心をマイナスの感情から開放することは、

次の行動へ移るための重要なプロセスです。

 

(4)慰められないのはなぜか?

 

■心の問題が明らかにならないからです。

閉じている心を、対話によって開放しなければ、

心の状態を理解できません。

 

■その為には、相手と心が向き合っていなければ、

心の状態を感受し、理解できないのです。

相手への関心、興味、愛情を持って対話しなければ、

相手の心に近づくことはできないのです。

 

(5)慰められるとどうなるか?

 

■心が穏やかになり、平常心を取り戻せます。

傷ついた心の苦しみや、悲しみ、苛立ちを慰め、

心を穏やかにすることができれば、

心の力を回復し、元気に明るく前進できます。

 

■人は慰められると、

心の不安を取り除くことができ、

停滞から抜け出して、

課題への前向きな心構えを取り戻せるのです。

 

  • 今日の実践(D)

・対話し相手の心の状態を理解する!

・傷ついた心を慰める!

・心の不安を取り除く!

  • 今日の検証(C)

・対話で相手の心を理解しているか?

・相手への関心と興味を持って話を聞いているか?

・慰めて心の不安を取り除いているか?

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!