【16】励ます

 

(1)励ますとは何か?

 

■いつも元気で、明るく、前向きであれば良いのですが、

失敗や恐れなどで心が萎えてしまうことがあります。

そんな時こそ、励ましが必要です。

 

■心が少し弱くなり、

挫けそうになった時こそ「励まし」が必要です。

励ますことが、心を元気にし、

次の行動へ移ることができるからです。

 

■「励まし」とは、心に元気なエネルギーを与え、

明るく前向きなパワーを与えることです。

 

(2)励ますには?

 

■元気が無いことを隠さず、

伝えることができれば、励ましてもらえます。

或いは、相手の心を気遣うことができれば、

励まして上げられます。

 

■その為には、

本心からのコミュニケーションが必要です。

傾聴し心の奥の本題を理解できれば、

その時心に元気が無ければ、

励ますことができます。

 

■心を隠さないことが大切です。

ありのままの心を伝えることができれば、

励ましてもらえるからです。

 

(3)励ますことの重要性とは?

 

■人の心は、

いつも元気で明るく前向きであればよいのですが、

時に失敗を悔やんだり、

困難・障害に立ち向かう勇気が無かったりして、

弱くなります。

 

■その弱った心を元気にするために、

「励まし」が大切です。

弱い心を肯定し、素直な心があれば、

励まされ元気になることができます。

 

■励ましてあげることは、

その人の元気を分かち合い、

自分も励まされ、

元気になることができるのです。

 

(4)励ませないのはなぜか?

 

■心が閉ざされているからです。

伝えること、話を良く聞くことは基本です。

傾聴することで、

心の状態を知ることができるからです。

その為にこそ、

日常的な会話や声がけによるコミュニケーションが必要です。

 

■心を開くためには、対話が必要です。

一対一の対話から、傾聴や承認が生まれ、

心を伝え、受容できるからです。

 

■心を開き、心の状態を伝えられなければ、

励ますことも、励まされることもできません。

 

(5)励ますとどうなれるのか?

 

■心が元気に明るく前向きになります。

立ち向かう勇気や心のパワーを取り戻し、

次の障害・困難・問題に立ち向かえるのです。

 

■常に次の行動を起こすには、

エネルギーが必要です。

その力を与え、

立ち向かえるだけのパワーを与えるのが、

「励まし」です。

 

■人の行動は心によって支えられ、

スタートするのですから、

その源となる心の元気を、

「励まし」で取り戻すことができます。

 

  • 今日の実践(D)

・傾聴し励ます!

・心を開き励ましてもらう

・「励まし」でパワーを与える

  • 今日の検証(C)

・傾聴し心を理解することができるか?

・励まして上げられるか?

・励ましてもらえるか?

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!