【14】自分への許し


(1)自分への許しとは?

 

■自分で自分を許すことです。

自分の課題達成を厳しく考えすぎると、

自分のミスや、未達成な課題について、

自分を許すことができません。

 

■厳格すぎる自己管理は、

自分を追い詰め強いストレスにより、

後悔したり反省したりする時間が増えて、

却って行動を阻害することがあります。

 

■自分を許し、無用なストレスを避けることは自分を明るく、

元気にして、前向きな行動へと前進させます。

 

(2)自分を許すには?

 

■自分の課題達成にこだわり過ぎて、

自分の負担を大きくし過ぎることは、

明るさと元気を失わせます。

失敗や未達成は、

やり直しや再挑戦でもリカバー可能なのですから、

なるべく早く、自分を許し、

次の行動へ移れる心構えを準備したほうが良いのです。

 

■自分の目標や課題やその期限を守ることは重要ですが、

より大きな目標・課題に向けて、

その途中でおきる失敗や遅れに縛られないようにすることも、

全体を調和させ、成功するためには必要です。

 

(3)自分を許すことの重要性とは?

 

■自分の活力を低下させず、

活動・行動を自由に前向きにすることです。

自分を許すことができないと、自分を責めてばかりいて、

元気な心を失ってしまいます。

 

■木を見て森を見ずになってしまうのです。

小さな失敗や遅れは気にせず、自分に寛容になり、

大きな目標・課題の達成に目を向けた方が、

結果に結びつくのです。

 

■自分を許すことは、

より大きな目標・課題のためのプロセスといえます。

 

(4)なぜ自分を許せないか?

 

■自分に厳しすぎ、目先の目標・課題にこだわり過ぎるからです。

それぞれの失敗は必ず教訓や改善に結びつき、

決して無駄でないことのほうが多いのです。

 

■小さな目標や課題ばかりにとらわれずに、

途中の間違いや遅れにこだわらない姿勢が大切です。

 

■自己管理にとらわれすぎることは、返って全体への視線を失い、

成果を遠ざけてしまいます。

 

(5)自分を許すとどうなれるか?

 

■遠い大きなゴールに向けて、

その途上を明るく元気に、前向きに進むことができます。

 

■途中の障害・困難に立ち止まらず、前に進むためにも、

自分を許容することは必要です。

 

■小さな失敗にこだわらず、大きな目標を達成するために、

自分の小さな失敗を許すことができれば、

くよくよせずに、明るく元気に仕事をできるからです。

 

  • 今日の実践(D)

・自分の失敗や仕事の遅れを許す!

・自分を許す心を持つ!

小さな失敗にこだわらない!

  • 今日の検証(C)

・自分の目標管理にこだわり過ぎていないか?

・自分に厳しすぎないか?

自分を落ち込ませていないか?

 

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!