【6】他者のために


(1)何のために働くのか?

 

■働く動機は何ですか?

働く動機はとても大切です。

それが働く理由だからです。

 

■強い動機が無いと、

永い間成果に向かって前進し続けることが、

できないからです。

自分の強い動機が1日ごとの仕事を前進させ、

その成果が、

周りの人・グループ・チーム・組織・会社に貢献できれば、

結果として自分に成果は戻ってきます。

 

■動機が人を強く動かし、

その成果が周りの人を豊かにすれば、

結果はその人に戻るからです。

 

(2)誰のための仕事か?

 

■強い意志・動機を持って仕事を進めれば、

人の役に立ち、お客様の役に立ち、会社の役に立ち、

その感謝は自分に戻るのですから、

誰かのためになる仕事をすることが大切です。

 

■自分の中の動機を発見し、

そのエネルギー・パワーが人の役に立てば、

その成果は必ず戻ってくるのです。

自分の我欲だけで働いていては、

何も戻るものなど無いからです。

 

(3)誰が喜ぶのか?

 

■誰かを喜ばすことが、

いずれ成果として戻ってきます。

整理・整頓・清掃を人の分まですることができれば、

そのことは誰かの役に立ち、

感謝され、評価されるからです。

 

■他者へ!人のために!

フォア・ザ・チーム!組織のために!

それぞれの人の役に立てることができれば、

返報性の法則どおり最後に自分に戻ってくます。

誰かを喜ばす仕事ができれば、

いずれそのことがその人を成功へ導くからです。

 

(4)誰が損するのか?

 

■競争に打ち勝ち、

自分のためだけに仕事をすると、

利益は循環せず、

奪った利益は次には奪い返されてしまいます。

 

■利益を与えれば、

感謝として育ちより大きな利益として戻ってくるのです。

結果利己的な人は、

少ない利益しか手に入れることができません。

 

■損するのは自分なのです。

人のために働き、徳を積むことは、

結果自分のためになることなのです。

 

(5)三方善しとは?

 

■相手先、自分(自社)、

世間(社会)の三者が得することです。

自己利益だけを優先せずに、

他者へ利益を与えることが、

自分の利益となるという考え方です。

 

■他者のために仕事をすることの重要性は、

より多くの利益を生むことができるのです。

自分のためだけでなく、

周りの人や、他社の利益を考えることが、

全体を豊かにし、

自分もより豊かになれる道だといえるのです。

 

  • 今日の実践(D)

・人の役に立つことを1日1件やってみる。

・相手の利益創造を考える。

・三方善しを実行する!

  • 今日の検証(C)

・今日1日で何件人のために仕事できるか?

・自分の仕事は誰の役に立っているのか?

・三方善しを実行しているか?

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!