困難・障害との戦い

(1)困難・障害とは?

 

■時代・時流は、

見えないながら急激なスピードで変化し、

障害となって立ちはだかります。

 

■仕事をするということは、

常に競合他社との戦いであり、

困難・障害の問題を解決することです。

 

■困難・障害の連続が仕事だといえます。

常に時代に追従するために、

困難・障害に立ち向かわねばなりません。

 

(2)困難・障害を解決するために必要なことは?

 

■新たな取り組みは、

常に分からないことや未知のことへの不安ばかりで、

思わず先へ進むことを躊躇してしまいます。

しかし、その未知なことへの不安や分からないことの解決努力こそが、

次のステップへ進む手がかりとなるのです。

 

■まず困難や障害の前で立ち止まらず、

失敗を恐れず、或いは失敗を承知で、前に一歩進むことです。

困難・障害に立ち向かう勇気こそが、

時代の変化・前進に追従するのに必要なことです。

 

(3)困難・障害を解決するために重要なことは?

 

■常に、困難・障害のチャレンジし続けることです。

仕事をすること自体が、

困難・障害の問題解決なのですから、

いつもチャレンジ精神を持って、

問題解決に挑戦し続けることです。

 

■日常的に、検証(C)と改善(A)を行い、

問題を解決し仕事を進めることが、

PDCAサイクルにしっかり組み込まれることが重要です。

手を緩めず、困難・障害を乗り越えることだけが、

時代に取り残されない唯一の方法です。

 

(4)困難・障害と戦う時の問題とは?

 

■次から次へと、出てくる困難・障害の前で立ち止まらず、

前進できれば良いのですが、一回問題から逃げてしまうと、

次はその問題が、

次の問題と一緒になってさらに問題解決が難しくなってしまうのです。

 

■問題解決を先延ばししないことです。

毎日が困難・障害の問題解決だと思い、

少しずつ、困難・障害を分解し先へ進めていくことで、

時間をかけながらも、手を休めずに前進すればよいのです。

 

(5)困難・障害と戦う成果とは?

 

■少しずつ毎日、困難・障害の問題解決を心がけていると、

その結果、とても大きな進歩を得られるのです。

 

■小さな積み重ね、たゆまぬ前進こそが勝利への唯一の道です。

失敗は付き物です。

何もせず失敗しないことより、

チャレンジして失敗することのほうが、多く学べるからです。

 

■問題解決へのチャレンジは、

その見えない成果を積み重ねることで、

偉大な成果を生み出すことができるのです。

失敗を恐れず挑戦し続ける人だけが、成功できるからです。

 

  • 今日の実践(D)

・困難・障害にすぐに手を打つ!

・困難・障害の解決を次へのステップと考える!

・失敗を恐れず挑戦し続ける!

  • 今日の検証(C)

・困難・障害から逃げていないか?

・困難・障害と向き合っているか?

チャレンジして失敗から多く学んでいるか?

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!