仕事の原点

【3】仕事の原点

(1)仕事の原点とは?

■自分にとっての仕事とは何か?

自分が仕事をする意味とは?

自分にとっての仕事の価値とは?

はっきりと自分にとっての仕事が、

何であるかを理解・認識していなくては、

仕事で成果を上げ、

自分が成長する道を切り開けません。

■なぜなら、自分が進みたい方向や、

こうなりたいという夢への道程(みちのり)が、

整合しなくなり、進みたい方向がずれたり、

夢と違う道に進んでしまうからです。

■自分にとっての仕事を選んだ動機をはっきり自覚しなくては、

仕事に向き合う基本=原点に立つことができません。

(2)仕事の原点を見つけるには?

■仕事に向き合う基本=原点を自覚するには、

その仕事をする動機が必要です。

■仕事をする動機は何ですか?

この大切な問いかけをしてください。

仕事の原点を見つけるには、

仕事をする動機を発見することです。

■自分が仕事をする動機が何であるかを自覚すること、

その動機を発見することが原点です。

(3)仕事に原点が無いと?

■仕事をする動機が曖昧では、

仕事の原点・基本姿勢に立つことができません。

仕事をする強い動機が無くては、

仕事をする原点を見出せないのです。

■仕事をする動機を発見できなくては、

仕事して成長する方向も定まらず、

成果達成による夢の実現への道も見極められません。

■仕事をするスタート地点である、

動機が無かったり、弱かったりでは、

厳しい困難・障害を乗り越えることができません。

(4)仕事の原点に必要なことは?

■何より強い仕事への動機を持っていることが大切です。

仕事をするということは、困難・障害との戦いです。

その困難・障害を乗り越えるための力の源が動機だからです。

■動機の無いことを人はしません。

動機が弱ければ、

強いパワーで仕事を突き進めることはできません。

■大きな成果を得ようとすればするほど、

困難・障害も大きくなるのです。

大きな困難・障害を打ち破るためにこそ、

強い動機が必要です。

(5)仕事の原点が生み出せることとは?

■仕事へ取り組む姿勢がはっきりして、

仕事と自分の人生の夢や理想の実現が一体となり、

迷わず仕事に取り組めることです。

■仕事に取り組む原点=動機が確立されていることは、

正しい方向へ進め、その先に得られる成果は、

自分の今後の人生を切り開くでしょう。

自分にとっての原点=動機こそが、

仕事を成功させる源なのです。

·今日の実践(D)

・自分の仕事と向き合う!

・自分の仕事の原点を考える!

・強い動機を持っている仕事をする!

·今日の検証(C)

・自分の仕事の動機は何か?

・自分の仕事の意義は何か?

・自分の仕事の原点を考えているか?

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!