MLMの特徴(長所・短所)

マルチレベル・マーケッティング(Multi Level Marketing)は、

消費者が販売員を兼ね、階層(レベル)を増やしていくマーケッティングなので、

ブランディング構築や販売促進の為の広告宣伝費を掛けずに、

売り上げを伸ばしていくことができます。

人のコミュニケーションに依存してマーケッティングを行うために、

密接な人間関係を必要とし、そのために、事業に携わる人自身で、

自分と繋がりのある人の範囲で、

信頼関係の構築と、商品・商材・サービスの啓蒙活動が必要になります。

人間関係に依存するマーケッティングなので、

コミュニケーション能力の不足から、

信頼関係の構築が未達成だと、

自分に繋がる下層の階層(レベル)を形成できず、

収益をあげられないため、組織から離れてしまいます。

マルチ商法・連鎖販売取引と言われる、

違法な事業形態と誤解されることも多く、

訪問販売法が改正された特定商取引法によって禁止される商取引を

判別し、回避することで、有効で健全な取引と、

利益確保を目指さなくてはならないのです。

相手に魅力的だと思ってもらえるような、

情報提供を通して信頼関係を構築し、

商品・商材・サービスのユーザーでありながら、

自ら販売員となるために必要な、信頼関係に基づいた人間関係が必要です。

そのためには、相手の利益を優先して、

情報提供を通じて、信頼関係を築くための自身の知識やスキルアップが必要です。

組織へ加盟するための金銭のやり取りで終わってしまさないような、

グループ・組織の育成を怠らないようにすることが必要です。

それらの関係性の構築を、SNS(Facebook)とその広告やWordPressブログを駆使して、

行うことが重要です。

階層(レベル)を広げるための、グループ・組織の育成が不十分だと、

その階層(レベル)からさらに多くの階層(マルチレベル)へと発展することができず、

グループ・組織は、その利益を確保できずに消滅してしまいます。

情報提供活動によって、接触頻度を保ち、

常に活性化する必要があります。

マルチレベル・マーケッティング(Multi Level Marketing)のメリット・デメリットを理解し、

インターネット上の施策によって、

グループ・組織の育成ができれば、

大きな権利収入を手にすることが可能です。

各商品・商材・サービスの販売手数料だけでない、

ロイヤリティーを手にすることが可能だからです。

【今日のポイント】

・信頼関係の構築と、商品・商材・サービスの啓蒙活動が必要。

・マルチ商法・連鎖販売取引と言われる、違法な事業形態と誤解されることも多い。

・ユーザーでありながら、自ら販売員となるために必要な信頼関係。

・育成が不十分だと、グループ・組織は、その利益を確保できずに消滅。

・グループ・組織の育成ができれば、大きな権利収入を手にすることが可能。

———————————————————

雑誌広告代理店 株式会社堀越 代表取締役 堀越登志喜

TEL.03-3295-3360おFAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F

———————————————————

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!