“戦うための場”とは?

仕事をするための仕事場は、練習場やジムではなく、勝負をするための、道場であり、リングなのです。仕事をするためのオフィスは、戦うためのリングであり、道場です。と考えれば、勝つか負けるか、潔く戦わなくてはなりません。そのための心構えも必要です。リングや道場や土俵など戦いの場にふさわしい、対応が必要です。整理・整頓・清掃を含め、戦いの場にふさわしい対応があったほうが、理解しやすいでしょう。仕事場は、神聖なリングであり道場であるならば、日々が勝負の場であり、戦いであることを意識しなければなりません。戦いの場である仕事場は、たんに生活費を稼ぐ場所ではなく、勝負を挑む場なのですから、試合に臨まなくてはならないのです。勝負に挑まない人には、ファイトマネーを貰う資格がないからです。真剣勝負の戦いにいつも勝てるとは限りません。競合相手も常に真剣に切磋琢磨しているのですから、負けることも多々あるわけです。大事なことは戦いに挑んでいることが大切なのです。勝負を繰り返すことが、その人の心身を強く鍛えるからです。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!