簡易な音声編集作業とは?

簡易な音声の編集作業の実務が、スピーディーにできることは、

コンテンツを増やすうえで、大変重要です。

音声の録音は意外と難しく、機材やオペレーションの経験が必要です。

音声の収録は最低限の機材をそろえる必要があります。

その上で、録音した音声の編集を行います。

録音した音声の編集は、動画と切り離して行うので、

「オーディオを切り離す」機能を使い分離独立させてしまいます。

動画と同時に収録した音声は、カットするときに動画部分と一緒にカットしないと、

動画と同期しなくなってしまうので、切り離さないで編集しないとなりません。

写真を動画上に貼り付けて、音声をかぶせるときは、

動画を撮影しながら録音し、分離した後で、動画部分を消去して、

音声のみを残し、編集します。

そうすれば、言い間違いをカットしたり、

部分的にボリューム(音量)を調節したりすることができるからです。

音声を分離し、独立させて編集できないと、

インタビューでする側とされる側の音量を調節することができません。

適性レベルで両者の音声を録音できていないと、

編集でバランスをとることができないのです。

簡易に音声の編集作業をすることができないと、

聞き取りにくい音声になったり、

言い間違いを訂正削除したりすることができないのです。

音声を分離し編集することで、

より聞きやすい、理解しやすい音声に仕上げることができるのです。

音声の簡易編集は、簡単に音声の音量コントロールや削除などができ、

動画のクオリティを向上させることができます。

動画の信頼性を高めるために大変有効なテクニックだといえます。

それでは、動画に同期させる文字(テロップ)の編集はどのようにすべきでしょうか?

・・・新たな明日を切り開くために・・・

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Follow me!