【1】自己確認

(1)自己確認とは?

■組織・会社の現在の形態、構成、系統や理念、行動目標、行動計画、成績目標、達成計画など、組織上の今ある姿を確認することです。

 

【2】自己の確立

(1)自己の確立とは?

■自分のポジションを明確にし、何をいかにすべきか?何をしたいか?どこで?いつまで?などの答えを持つことです。

 

【3】仕事の原点

(1)仕事の原点とは?

■自分にとっての仕事とは何か?自分が仕事をする意味とは?自分にとっての仕事の価値とは?

 

【4】仕事の理念・理想

(1)仕事の理念・理想とはなにか?

■会社・組織には、その会社・組織が目指す理念が必ずあります。同じく、自分にとっての仕事が理想的であるための『考え方』があるはずです。

 

【5】困難・障害との戦い

(1)困難・障害とは

■時代・時流は、見えないながら急激なスピードで変化し、障害となって立ちはだかります。

 

【6】他者のために

(1)何のために働くのか?

■働く動機は何ですか?働く動機はとても大切です。それが働く理由だからです。

 

【7】感謝

(1)誰に感謝するのか?

■仕事を自分の為のするのであれば、その人は誰のおかげで今日があるのでしょうか?

 

【8】認める・信認

(1)信認とは何か?

■相手の人に向かって、興味を持ち、良く理解していることをしっかりと伝えることです。

 

【9】傾聴・よく聴く

(I)傾聴とは?

■積極的に話を聞くことです。なるべく口を挟まず、相手の話を聞くことです。

 

【10】相手をほめる

(1)ほめるとは?

■長所を発見し、相手をほめることは強い承認です。

 

【11】自分をほめる

(1)自分をほめるとは?

■人のために働き、感謝される自分をほめることです。

 

【12】アファメーション

(1)アファメーションとは何か?

■アファメーションとは、自分に自信を与え、勇気付けることです。

 

【13】人を許す

(1)許すとは何か?

■人を許容することです。人のしたことの中のうまく行かないことを、責めずに許すことです。

 

【14】自分への許し

(1)自分への許しとは?

■自分で自分を許すことです。自分の課題達成を厳しく考えすぎると、自分のミスや、未達成な課題について、自分を許すことができません。

 

【15】ねぎらう

(1)ねぎらいとは何か?

■労をねぎらうとは、仕事への努力を褒めて慰めることです。

 

【16】励ます

 (1)励ますとは何か?

■いつも元気で、明るく、前向きであれば良いのですが、失敗や恐れなどで心が萎えてしまうことがあります。

 

【17】慰める

(1)慰めるとは何か?

■仕事上の苦しみや成果に至らない悲しさを和らげ、穏やかにすることです。

 

【18】癒し

 癒しとは何か?

■傷ついた心を回復させることです。疲れた心を元気にさせることです。

 

【19】自分の中のもう一人の自分

 (1)自分の中のもう一人の自分とは何か?

■自分を客観視することができる、自分のことです。