【1】利益を上げる仕組み

 仕組みとは何か?■会社の仕組みのことです。各セクションにそれぞれの仕組みがあります。それぞれの仕組みの組み合わせが、会社の仕組みです。

【2】利益を上げる組織・会社・企業

 組織・会社・企業とは何か?■組織・会社・企業とは、いくつかのチーム・グループ・プロジェクトの集合です。それぞれの役割と機能を持つチーム・グループ・プロジェクトが、相互に連携して仕事を進める集合体です。

【3】利益を上げるチーム・グループ・プロジェクト

 チーム・グループ・プロジェクトとは?■チーム・グループ・プロジェクトとは、組織・会社・企業での最小単位の集合のことです。

【4】利益を上げる、個・個人・主体性!

個・個人・主体性とは?■一人一人の仕事に対する自覚です。チームやグループを構成する各自が、自らの意志で課題・目標・夢の達成することです。

【5】利益を上げる、管理・マネージメント!

 管理・マネージメントとは?■個人の集合であるチーム・グループ・プロジェクトから、最大パワーを引き出すことです。人が集合した人数以上の相乗的なパワーを、発揮させるために必要です。

【6】利益を上げる、人間関係力!

 人間関係力とは何か?■人をひきつける力です。チーム・グループ・プロジェクトを形成するために必要な、引き合う力です。

【7】利益を上げる、人脈形成力!

 人脈形成力とは何か?■人間関係を構築し、人とのつながりを増やしていく力です。人間関係力を使い、人とのつながりを増やし、仕事をする領域・幅を広げるパワーです。

【8】利益を上げる現場主義

 現場主義とは?■目標・課題や夢・理想は現場の人々が実現するのです。会社・組織・企業の中で、実際に業務を推進する人が、目標・課題や夢・理想へ向けての日々の実務を行うからです。

【9】利益を上げるプラン作成力・課題設定力

 プラン作成力・課題設定力とは?■実行するためのプランを作成するために、アイディアを練り、創意工夫(イノベーション)し、計画を作成する力です。

【10】利益を上げる実践・実行力

 実践・実行力の本質とは?■すぐに実践・実行する力です。プランはすぐ実行し検証しなければなりません。すぐに実践・実行する力が、結果・成果へ最速で到達させます。

【11】利益を上げるための検証力

検証力とは?■実践・実行の進捗を検証することです。行動して得られる進捗結果をチェックすることで、行動の修正を行うために必要です。

【12】利益を上げるための改善力

 改善力とは何か?■実践・実行の進捗をチェックし、修正することです。検証し目標に至らない部分を改めたり、補強したり、修正することです。

【13】利益を上げるための習慣化

 習慣化とは?■行動を、日常化することです。新たな計画・目標を目指す行動を、毎日行えるようにすることです。

【14】利益を上げるためのマネする力

マネする力とは?■模倣(マネ)することで、やり方を習得する力です。マネすることは、早く学習する最適な方法です。

【15】利益を上げるためのより良くする力

 より良くする力とは?■一日一日を良くする力です。昨日より今日を良くする、

少しずつ良くする力です。

【16】利益を上げるための創意・工夫する力

 創意・工夫する力とは?■計画立案や改善を行うための力です。自分で考え、企画・計画を立案する力です。

【17】利益を上げるためにやる仕事・やらされる仕事

 やる仕事・やらされる仕事とは何か?■やる仕事とは、自ら進んでする仕事であり、やらされる仕事とは、指示・命令によってやる仕事です。

【18】利益を上げるための自己中心と他者中心

 自己中心と他者中心とは何か?■自分のためだけに働く人と、人のために働く人のことです。自分中心に考える人と、他人中心に考える人のことです。

【19】利益を上げるための日本一

 日本一とは何か?■日本一とは、「日本一となる目標」を掲げることです。分かりやすく、理解しやすい目標を掲げることです。

【20】利益を上げるための幸運を招く準備

 幸運を招く準備とは?■日々の実践・実行の積み重ねです。日々の実践・実行とは、整理・整頓・清掃に始まる、毎日の仕事をきちんと積み重ねることです。

【21】利益を上げるために薄皮一枚を重ねる

 薄皮一枚の努力とは?■薄皮一枚の努力とは、毎日の行動の積み重ねの努力です。少しずつの毎日の努力こそが、成果・成功を手に入れるのです。

【22】利益を上げるための栄光は自己犠牲から生まれる

 「栄光は自己犠牲から生まれる」との意味は?■他者のための自己犠牲から尊敬が生まれます。自己犠牲による尊敬は、その人の徳となって返ってきます。